転換期に、倫理の学びや仲間がいてよかったと思うことがとても多い

國武 利恵子氏

■倫理入会時期、入会のきっかけ

2021年11月30日入会

友人の方からご紹介していただき入会しました。
はじめは、歌を歌ったり大きな声で「はい!」と言ったり、不思議な場所に来てしまったと思いました。
何度か参加していると、自分が経験したことがないようなお話や倫理体験を聴くことがあり、こんなお話を聴かせてもらえる場所はそうそうないなと思うようになりました。

■悩み・課題に感じていたことなど

コーチングを始めたばかりであり、どのように自分の活動を認知してもらい、またそれが仕事につながるにはどうしたらいいのか?を教えていただくきっかけや、学びをえられたらなと思っていました。
たくさんの成功をおさめられている方のお話を聴かせていただくことで、自分のなりたい経営者に近づいていけるようにと思い入会しました。
私の目標は老人ホームを作ることだったのでそのヒントになるお話や学びを得たいと考えていました。

■倫理に入会しての変化

以前に、トイレ掃除のお話を聴かせていただき、私もトイレ掃除なら毎日続けられると思い、今年5月ごろからはじめています。
そのおかげなのかはわかりませんが、家族はみんな仲が良く、今のところ実家の家族8人全員がコロナに罹ることなく健康に暮らしています。

私自身のことで言えば、今がとても変化の多い時期で転換期のような経験をしています。
人間関係の清算と開拓のようなイメージでしょうか。
その中でたくさん学ばせていただいています。
倫理の学びや仲間がいてよかったと思うことがとても多いです。

■ 入会を迷っている方へのメッセージ

私もそうですが、生きていると、たくさんの感情が揺れ動いたり、悩んだり、立ち止まったりすることがありますが、これがすべて正しいということはなくて、すべては自分の選択だということを倫理を通じて学びました。
これからまだまだ、そのような経験や体験をすることと思います。
でも、倫理は原理原則なので、そこに戻ればきっと解決策を自分で選択できると考えています。

この会員が在籍する「京都洛南」ページへ